1. ホーム
  2. 弊社開発商品

  3. 高所撮影の決定版「上からカメラ」

夜間の工事作業の際、光源不足の為に点検個所の判定が難しく、お困りの方は多いと思います。
暗い中での作業は作業の効率も悪くなりがちです。
この『上からカメラ ナイトバージョン』を使用すれば、夜間でも、高所の点検が可能になります。
もちろん、カメラ・ビデオ機能もあります。
大型プロテクター付きで、万が一の衝撃から本体を守ります。

現在はJR様等での夜間作業に導入され、高い評価を頂いております。

6灯の高輝度LEDをリング状に配置することで光ムラなくキレイに撮影できます。明るさは3段階で調整可能
です。

「全撮り棒」についてのお問い合わせは

お問い合わせフォーム





 改良品は重量は従来品の約1/2になりました。運搬も操作性もますます向上いたしました。
 今後点検カメラを購入予定の方は是非ご検討下さい。詳しくは本部までお問い合わせください。

※現在特許出願中です。


遊具は高い場所にある個所の劣化により、部材の落下等が発生する事があります。しかし、高所の点検には足場やはしごを使用するため、転落時のの可能性がり、また費用もかかってしまいます。全撮り棒Ⅱは軽量で運搬や移動が簡単で、かつ鮮明な画僧の撮影が可能です。

高さ6mの大型フェンス横柱と縦軸溶接部が外れているのを発見。このままでは落下の危険性があるので使用禁止処置を行いました。



【全撮り棒】は平成27年には福島の原発現場でも使用することになり、5台を納入いたしました。*
納入にあたっては、高電圧に耐える事が原則で、原発現場の厳しい条件をクリアーいたしました。
通常の点検の際、もし落雷にあった場合の作業者の方の安全に大きく影響があります。
その他にも多くの団体、企業で導入され、高い技術評価をいただいております。
*納入させていただいたものはリニューアル前の【全撮り棒】になります。


【全撮り棒Ⅱ】の有効長さは最短75cm~最長9m。ホールディング位置により最大10m~11mの撮影が可能です。
カメラ部分にはPanasonic社の【AX-A1H】を使用しております。小型・軽量のウェアラブルカメラで厳しい点検環境にも対応しております。
カメラの詳細はPanasonic社のサイト(http://panasonic.jp/wearable/a1h/spec/)をご確認下さい。

「全撮り棒」についてのお問い合わせは

お問い合わせフォーム


これまでは高い脚立や高所作業車が無ければ確認が難しかった藤棚やモニュメント・街灯も【全撮り棒】を使えば高所作業の危険を冒すことなく安全に点検が行えます。

もちろん、画像はくっきり鮮明。
大掛かりな機器も必要が無いため様々なシーンで、ダイナミックな画像を撮影することができます活躍。



脚立や高所作業車でなければ確認が難しかった場所も、「全撮り棒」を使えば安全に素早く確認が可能です。

また、運動会や社交ダンス、結婚式などのシーンでも、「全撮り棒」を使う事で、今までに無かったダイナミックな撮影が可能です。
大きな機器を使わないのであらゆる場所での撮影にご使用いたけます。


通常のカメラで撮影


全撮り棒の限界丈地上12mのアームを付け、撮影をしました。
広角タイプのカメラを使用すれば公園の全景も可能です。

現在は工事関係会社でブレイク中の商品です。
また運動会、並びにスポーツ競技には最高の商品です。


8m

10m

11m

12m

通常のカメラで撮影


また、最大5センチまでのマクロ撮影が可能です。
手元で画面を確認しながらシャッターを切りますので、無駄な映像を残す事無く撮影出来ます。


4m上空から撮影

上空からマクロ撮影

大型バックネットの点検も

7m上空から撮影し危険箇所を発見




ただいま大変多くのご注文をいただいている為、ご発注いただいてから納品までに約30日~50日ほどお時間を頂いております。

「上からカメラ」についてのお問い合わせは

お問い合わせフォーム