1. ホーム
  2. 事業内容

事業内容

事業の目的・意義

私たちシンテンは、あらゆる「室内施設」「遊具」の点検・診断を通じて、学校や幼・保育園、病院や介護施設、一般家屋やマンションにおける事故を未然に防ぎ、もって社会貢献を目指します。

室内施設の点検・施設事業

遊具診断事業で培った独自のノウハウを活用し、学校、幼・保育園、病院や介護施設、公共施設や商業施設、一般家屋やマンション等、 あらゆる「室内施設」の保守点検や修繕交換までをトータルにサポートします。「室内施設」における事故やけがから子どもたちやお年寄りを守るべく、業務に取り組んでいます。

  • 子どもやお年寄りのいる一般家屋やマンション
  • 保育園や幼稚園、学校などの施設や体育館
  • 病院や介護施設
  • 子育て広場や生涯学習が行われている公共施設
  • デパートなど、多くの人が集まる施設商業施設
  • ホテルや旅館などの宿泊施設

室内施設安全コンサルティング事業

遊具診断事業で蓄積したノウハウと多くのお客様の声をもとに、学校、幼・保育園、病院や介護施設、公共施設や商業施設、一般家屋やマンション等のコンサルティングを行うと同時に、その点検・診断に関する製品の企画・開発にも積極的に取り組んでいます。

たとえば、引っ越しの際に「ベランダから子どもが落ちそうになった」「冷蔵庫を置いたら、ドアが流し台にぶつかって全開出来ない」など「こんなはずではなかった!」と思われることはありませんか?そんな「こんなはずではなかった!」が本当の危険に変わる前に、シンテンでは増築・改築されるお客様に安全コンサルティングを実施しております。

防犯診断事業

防犯に関する診断項目に基づき、危機管理意識、防犯設備等についてインタヴュー形式および独自の調査を行い、分析結果を報告書にて提出。その分析結果に基づき、各室内施設等に適した安全対策、改善の提案を行います。

除菌事業

子どもが触れる機会の多い室内の箇所、また、遊具・砂場の除菌事業を展開しています。研修を受けた専門家が調査に出向き、採取した砂等を検査、そこから適切な除菌を実施いたします。

子どもは菌への耐性が弱く、手を口に運びやすいという行動面からみてもさまざまな影響を受けやすいといえます。子どもが安心して遊べる遊び場を提供することは、地域社会や行政のニーズに応える社会貢献度が非常に高い事業です。


遊具診断事業

全国各地に広がる加盟店ネットワークを活かし、公園、学校、幼・保育園、レジャー施設等に設置されているあらゆる「遊具」の保守点検・整備・交換までトータルにサポートし、遊具による事故から子どもたちを守るべく業務に取り組んでいます。

日本中の公園の遊具はもちろん、屋外の健康遊具などもサービスの対象になります。

  • 公園や公共施設の遊具
  • 学校・幼稚園・保育園の遊具
  • 商業施設・レジャー施設・スポーツ施設等の遊具

海外への技術提供

シンテンでは積極的に海外への技術の提供を行っています。
2010年には韓国の遊具メーカーから研修生を受け入れました。研修は、遊具点検技術の研修を眼目に据えながら、それに留まらず、加盟店開発やその後の加盟店フォローアップ等の営業手法を含めたPWグループ全体のシステムを学び、それを韓国に広めたいという意向に沿って行われました。


遊具施設安全コンサルティング事業

遊具の点検・診断で蓄積したノウハウと多くのお客様の声をもとに、遊具に関するコンサルティングを行っています。

具体的には、ご依頼地域、施設及びその周辺における人口と年齢分布、都市計画に基づいた今後の人口推移をシュミレーション、公園使用者の年齢や男女比を把握します。さらに、設置場所周辺の環境等を事前調査し、独自データを作成します。そのうえで、多くの遊具を点検している全国各地の代理店ネットワークから得た当社独自のノウハウや地域の特色、実績をもとに遊具設置プランをご提案させていただきます。

ご依頼地域、施設の現在を知り、「遊具」を通して未来予想図をご提案する。これが当社の遊具コンサルティングです。

オリジナル製品開発事業

シンテンでは点検マンの事故対策にも積極的に取り組んでいます。
高昇作業で写真を残す際に点検マンが写真撮影に集中して足場から落下する事故が多く、弊社では最大8mの位置の物まで遠隔操作により撮影出来る写真システムを開発し安全対策を行う事に成功しました。